品質への取り組み

品質方針

「品質管理の不備は、コストやスケジュールの超過を引き起こす最大の要因です」

全社 全社PMO 部 部 プロジェクト プロジェクト 個別プロジェクトPMO

当社は、顧客ニーズにマッチした最適なITソリューションをご提供するため、情報技術と品質に対する貪欲なまでの向上心とビジネスパートナーとしての責任を持ちつづけます。

高品質なサービスを実現・提供するためには、社員一人ひとりの能力とそのシナジー化によって生み出される組織力が必要であり、人材のスキルアップと組織的な質的向上こそが最大のテーマです。
当社では品質教育・品質プロセスの共通化・全社PMO(Project Management Office)設置などを実施することで各社員の品質に対する意識と能力の向上に最大限の努力を払っております。

品質管理の特徴

【プロジェクト管理・品質管理】

当社の生命線は、システム開発技術とプロジェクト管理技術、そして品質管理技術を結合した総合力です。
システムのオープン化と要求の多様化により、プロジェクト管理はますます困難度が増し、成果物の品質保証が強く求められています。
当社のプロジェクト管理は、標準的かつ主要な管理項目に対してプロジェクトの運営方法をI-ISBP(Isd Information Services Business Process)として定め、プロジェクトマネージャが標準化されたプロジェクト・マネジメント・プロセスのもと主体的にマネジメント業務を推進する体制を確立しております。
品質管理においては、品質確認会議(PMR:Project Management Review,QAR:Quality Assurance Review)を開催し役割の明確化や、品質管理指標の具体化等を計画段階で定め、さらに、設計・開発・テストの各工程で発生した品質データを収集し、定量的評価や定性的評価によって厳しい管理を行っております。

【品質マネジメントシステム】

当社は顧客満足向上を目指すとともに、組織的な品質向上活動の取組みとして品質マネジメントシステムを構築し、運用しています。

【情報セキュリティマネジメントシステム】

お客様の機密情報や個人情報に携わる情報サービス企業としての責任から、当社は徹底したセキュリティ対策を実施しています。
社内情報ネットワークにおけるハッキングからの防御をはじめ、文書のコピーや廃棄に際しても情報管理基準の遵守などを義務付け、情報の漏洩や改竄を防止しています。また、当社は、情報セキュリィティの国際規格であるISO27001の認証を取得しております。

【プライバシーマーク】

情報システムの安全性や信頼性に万全を期し、社会とお客様の信頼に応えていくためには、個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改竄及び漏洩など、あらゆるトラブルへの予防と適切な措置が不可欠となります。
当社は、個人情報保護法を遵守し、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項(JIS Q 15001:2006)」に適合した個人情報保護体制を構築・運用している事業者に与えられるプライバシーマーク認証を取得しております。

【PMOの設置】

プロジェクト関係者だけの運営でなく、プロジェクト集合体の監視、指導、支援を行うためPMOを組織化し「高品質・高技術の追求による顧客第一主義」を目標としています。
当社のPMOは、プロジェクト・マネジャの集団組織である「ライン的なPMO」でなく、全社PMOとして配置し全社レベルでプロジェクト管理手法の維持改良、遵守指導等を行っております。
プロジェクト規模に応じては、プロジェクト選任のPMOも設ける事で、プロジェクトの問題を組織としての問題と認識し、組織的な対応を行う仕組みを設けています。また、プロジェクト品質保証は、PMO管理下で評価・監視・判断・遵守指導を実施しています。